当院は予約制です。お気軽にお電話下さい。098-998-4221
  1. HOME>
  2. 院長プロフィール

院長プロフィール

名前
知念隆秀
生年月日
昭和54年11月28日
血液型
A型
出身地
八重瀬町富盛
持っている資格
柔道整復師・整体師・(大型免許・クレーン・玉掛・危険物乙は、只今休業中)
趣味
草野球・釣り・子供達と公園巡り
家族構成
妻・子 3 人(女 2・男 1)
毎日が運動会状態の様な騒がしさなので施術中たまに、ご迷惑おかけしてます
妻と優しいご近所さんに助けられ子育て奮闘中です

経歴

小・中・高と野球に打ち込む。卒業後は土木・空港貨物・給油所など色々な仕事を経験しました。
その中で土木建築リース業に10年間携わり、重たい荷物の移動や修理などで、背中や腰を痛め整骨院や整形外科に通っていましたが、あまり良くならず、整体院にて体の矯正をしてもらい整えてもらうことで、体が楽になり凄いと思い30歳を手前にして、自分と同じような症状を抱えている人を少しでも減らしたいと思い整体スクールに入学し、2年間勉強しました。
卒業後、地元でもある八重瀬町に「癒し空間 ほぐし家」をオープンしました。
その後、整体の先生や他の先生から柔道整復師の資格を取とるよう勧められ新たな資格取得のため、沖縄統合医療学院に入学。3年間の学業の合間に整骨院で整体師として勤務、勉強会等への参加で技術を磨いてきました。

平成27年度に柔道整復師の資格取得!

同年、9月に「ちねん整骨院」を八重瀬町東風平に開院する事ができました。
日頃から技術向上の為に月一回の勉強会や興味のあるセミナー等への参加も積極的に行っております。
最近では、操体法という手技のセミナーで出会った先生方と共に月に一度、勉強会・復習会を実施し患者様の目線や第三者の目線など色々な感覚・視覚のトレーニング・意見交換を行い、患者様の日常生活、仕事、部活動などがより良い状態で取り組めるように施術させて頂いております。

操体法との出会い

日々の勉強の中で、1枚のDVDを見て「操体法」と云う手技に出会いました。
そして、その治療法を習得したく思い切って宮城県の「ひふみ健康院」加藤廣直(かとうひろなお)先生の理学操体セミナーに参加。そこで見て・聞いて・施術を受けてみて、その凄さに感動!

当院が主に取り入れている治療法

操体法
操体法は、医師の橋本敬三(はしもとけいぞう)先生が伝統的に行われてきた様々な治療を組み合わせ手技療法として確立させたものが始まりです。 操体法には、身体を動かした時の「気持ちいい方向、痛くない方向」に動かすと楽になるという「自然の法則」があるそうです。
理学操体
加藤廣直(かとうひろなお)先生が理学療法士の理学的視点と操体法の感覚的視点を融合した独自の手技療法です。
「真Iポジション」や「真Kポジション」など独自に開発した手技で沢山の患者様を治療されています。
【真Iポジション】
ぎっくり腰や強い腰痛、坐骨神経痛等々の症状に対し、下肢・足関節からの操作で患部に負担をかけずに、膝関節~股関節~骨盤~脊柱の連動性、可動性を上げ様々な症状緩和が期待できるテクニック。(ひふみ健康院HPより)
【真Kポジション】 肩こり等の慢性疾患から四十肩・五十肩・頸部痛等々の症状に対し、手先からの操作で患部に負担をかけずに肩甲骨~頸部、鎖骨、上腕骨、肋骨、骨盤の連動性、可動性を上げ様々な症状緩和が期待できるテクニック。(ひふみ健康院HPより)

Iポジション・Kポジションはさらに、天城流湯治法(あまぎりゅうとうじほう)創設者、杉本 錬堂(すぎもとれんどう)先生により編みだされた手技療法(はがし)です。
骨や筋、皮膚などそれ ぞれの役割が正常に機能できるよう剥がし、主訴に対して遠隔的にアプローチできるアナトミ ー・トレイン(神経・筋筋膜)の概念を表現できる手技の一つ「はがし」を取り入れ色々な症状に対応できるようになっております。
当院は、この手技を軸に治療を行っておりボキボキする矯正、強く揉むマッサージ等は行いません。

人間が本来持つ自然治癒力を最大限に発揮できる身体づくりのお手伝いをしていきます。
今後も色々な事にチャレンジ・勉強し、患者様をサポートしていきたいと願っています!

当院について